株式会社TSトランスポートは液体化学品輸送を主な業務としております。

株式会社TSトランスポート

安全への取り組み

物流サービスの株式会社TSトランスポート > 安全への取り組み

アルコールチェック

アルコールチェック

弊社では、飲酒運転防止規定を設け、飲酒運転を防止しております。日々の点呼時にアルコールチェックを行い、アルコールが検知された場合は、運転業務をさせることはありません。また、健康起因事故防止のため、血圧を測定し、ドライバーの健康管理にも十分配慮しています。

ドライブレコーダーの活用

ドライブレコーダーの活用

ドライブレコーダーを採用し、事故発生時だけでなく、ヒヤリハット(事故には至らないが、「ヒヤリ」「ハッと」した状態)を記録して、事故防止に活用しております。
また、デジタルタコグラフの記録と組み合わせ、ドライバーの運転特性の把握と指導を行い、事故防止のみならず、エコドライブ(環境負荷の軽減に配慮した自動車の使用)にも活用しております。

デジタルタコグラフの活用やドライブレコーダー・バックカメラの採用などの取組を通して、安全を守ってまいります。

運輸安全マネジメント制度に関する取組み

運輸安全マネジメント制度に関する取組み

運輸安全マネジメント制度とは、平成18年10月に貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律が施行され導入された運輸事業者自らが経営トップから現場まで一丸となり安全管理体制を構築・改善することにより輸送の安全性を向上させることを目的とした制度です。弊社では以下の方針で臨んでいます。

Gマーク制度(貨物自動車運送事業安全性評価事業)

Gマーク制度

国土交通省が推進し、全日本トラック協会が認定する「安全性優良事業所」の認定制度です。
認定後も2~4年ごとに更新審査があり、今後も更新してまいります。

安全性優良事業所

安全への取り組み